有名な美容専門学校は大阪にある

保育士として活躍するには専門学校で資格を取得が最適

待機児童の解消のために保育園や保育所の増設を進められており、一方で保育を行なう保育士不足も深刻な問題にもなっています。それに伴い政府や保育施設では、離職率を減らすことと新卒者の確保のために、給与面などの待遇の見直しなども積極的に行なわれています。保育士は、子どもが好きなことはもちろん、思いやりや優しさ、一緒に遊びや活動を楽しむなどの豊かな感受性が求められ、それと同時に保育の技術や知識を身につけなくてはなりません。そのため、一線で活躍するには実技や基礎知識などを学べる専門学校に通うことが最も望ましいでしょう。

保育士を目指すには、高校を卒業後に2年制の養成施設や4年制の保育学科を卒業することで国家資格が取得できます。既に社会人の場合には、改めて大学に通うのもなかなか困難なため、仕事と勉強の両立をするには夜間課程のある専門学校もしくは、通信講座の受講が効率的に学べると言えます。保育士試験は、合格率が低いことで知られており、専門学校などを卒業していなくても受験はできますが、難易度が相当高いハードルの高い試験です。そのため、子ども好きでピアノが得意程度では、合格できないということも覚えて起きましょう。

専門学校の中には、保育士資格だけでなく幼稚園教諭資格も取得できる学校もあるので、これから幼保一体化の子ども園が増える傾向もあるので、両方を取得できる学校選びも重要です。学校選びには、インターネットや情報誌などによりより多くの情報を収集し、自分のライフスタイルや目的に合った学校を見つけることが最優先です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です