有名な美容専門学校は大阪にある

保育士になるなら専門学校へ行こう

保育士は子どものプロとして活躍できるとてもやりがいのある仕事です。近年では待機児童の増加や深刻な保育士不足といった背景からもかなり需要が高まっています。さらに国家資格であるために一度取得することでブランクがあっても、日本全国どこにいても即戦力として働くことができる有用性の非常に高い資格といえます。保育士になるには厚生労働省が認定する養成学校を卒業するか、国家資格に合格するかのどちらかの方法があげられます。

養成学校には専門学校と4年制大学の2種類がありますが、即戦力として活躍できる保育士になるためには専門学校に通うことが最短ルートです。専門学校を選ぶメリットとしては、最短2年で保育士資格が取得できて国家資格を受験しなくても卒業と同時に資格が付与されること、さらに実習や実技講習などの機会や設備が充実した環境で園長経験者や保育業界では著名な学者の方が講師や教授として実になる知識や技術を短期集中で教えてくれることがあげられます。また費用面でも4年制大学よりは安く、通信教育や独学での国家試験合格を目指すよりもスムーズに資格を取得でき現場に出ることが可能になるのも魅力の1つです。もちろん最短2年という限られた期間内で指定された単位や実習をすべてクリアして卒業することが条件になるので日々の授業や講習はタイトなスケジュールになり、課題なども多く課されることもあり心身ともに大変なこともあるといえますが、専門学校には同じ目標をもち入学してくる仲間が多くいるため切磋琢磨し、協力しながら乗り越えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です