小さな子どもが好きな人であれば、触れ合える仕事に就きたいと思うでしょう。まだ未経験でも、専門学校では保育士になるという夢を叶えることができます。幼稚園教諭の資格とは違い、受験資格があるなら自分で勉強して、年に一度おこなわれる試験を受験し資格を取得することも可能です。その場合に受験資格を得るには、法律で決まっている児童福祉施設で2年以上勤めて、2880時間以上児童の保護をした経験がなくてはなりません。

学歴がなくてもこのような方法で資格を得て仕事にすることは可能です。しかしこれから勉強するつもりであるなら、厚生労働大臣指定の養成施設で学び卒業するのがよいでしょう。卒業と同時に資格を取得できるので確実だからです。指定施設であればもちろん専門学校でも保育士になれます。

専門学校で保育士資格を得ることができるというのは、保育士になりたいという自分の夢がはっきりしている人にとっては良い環境です。集中して学べ、4年制大学に通う場合に比べて学費が安くおさえられるばかりでなく、2年制なら2年で卒業することができます。このため早く社会に出たいという場合にも向いているといえるでしょう。専門学校で国家資格をとることが出来たら、子どもに接する保育の仕事に就くことができます。

専門的な保育の技術や知識を得ることができるので、実際の保育の仕事に就いたときに役立てることができることができるのも専門学校で保育士をめざすメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です