保育士というのは、子供の保育に関する専門的な知識、技術を持っていて、子供の保育指導を行っていくための国家資格になります。この資格を取得するには、国家試験に合格する、または厚労大臣の指定する養成施設を卒業すれば取得することができるようになっています。指定の養成施設というのは、大学や短大だけでなく、専門学校も該当します。指定校になると、国家試験がないので修業期間に学ぶことで、そのまま資格を取得できていいといえます。

専門学校で保育に関する学びを深めるということになると、大学などとは異なり、専門ジャンルの勉強だけをしていくことになるので、保育士になるには時間的にも内容的にも掘り下げることができ、現場に出たときに即戦力になることができるという利点もあります。専門学校においては、指定校と指定された短大などの勉強を一緒に勉強していく併修校があります。指定校と併修校では学費や期間も異なっているので、違いを知って選ぶようにします。公立や私立、昼間や夜間、2年制や3年制でもかかる費用や資格も異なっており、幼稚園教諭を同時に取得できるところもあります。

今後は子ども園などが増えていき、幼保一体化が進むようになるので、両方の資格を持っているほうが就職などにも有利になります。また、専門学校を出ていても現場に出れば学歴なども関係なく働くことができるようになります。ですから、保育士への近道として専門学校を選択するのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です