現在高校生の方で、将来は保育士になりたいと考えている場合、厚生労働省に保育士養成機関として指定を受けてた養成校に進学する必要があります。養成校には四年制大学、短期大学、そして専門学校があります。また、大学の通信課程で通信講座とスクーリングを受けるという方法もあります。既定の単位を習得して卒業すると、試験を受けずに保育士資格を取得することができます。

絶対に保育士になると決めている場合、おすすめしたいのは専門学校です。四年制大学に比べて、早く現場に出ることができ、そのぶん経験を積むことができます。また、専門科目の他に一般教養なども学ぶ短大に比べて、カリキュラムが実践的な内容に特化しているため、現場ですぐに役立つ知識を習得することができます。ただし、資格が取れるとする専門学校の中には指定校と併修校の二種類があるため、進学先を決める際には注意が必要です。

指定校とは厚生労働省の指定を受けた養成校であるということで、こちらは何の問題もありません。問題は併修校の方で、こちらは養成校として指定を受けていないため、指定を受けた短大の通信課程にも同時に入学し、履修する必要があります。手間も時間も費用も余計にかかります。志望校を決める際は、指定校かどうかはしっかり確認しましょう。

現在認定こども園が増えつつあり、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を取得している人材の需要が増しています。幼稚園教諭免許も取得できる学校を選ぶといいでしょう。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です