共働きが主流になっている今は、保育園に預けられる子どもの数は増えています。そのため、親に代わって幼児の世話を行う保育士の求人も増えているため、保育士の資格をもつ人材は今後も需要があると考えられています。保育士になるためには試験を受験して取得するか、保育のカリキュラムがある養成校に通って卒業する方法の2通りがあります。カリキュラムがある養成校は、四年制大学や短期大学、専門学校に分かれています。

保育士になる気持ちが強い場合は、現場で即戦力になれる実践的な技術や知識を教えてもらえる専門学校がおすすめです。専門学校のメリットとしては、大学や短大に比べると入学するのが簡単な点です。大学や短大の偏差値によっては入試のために保育以外の学科も勉強しなければいけないからです。保育以外の職種にも興味がある場合は、保育以外の一般教養も学べる4年制大学を選ぶ方が自分の可能性が高まります。

専門学校には2年制と3年制があり、3年制の場合は幼稚園教諭の資格も取得することができるメリットがあります。最近の保育園では、幼稚園も兼ねた「総合子ども園」が増えているため、今後保育士の採用に幼稚園教諭の資格も求められることが増えてくると考えられています。一度に両方の資格を取得できる専門学校を選ぶと就職先の幅が広がります。保育の資格は通信講座でも取得することが可能ですが、幼稚園教諭の資格は通信講座では取得できないため、保育現場に就職した後に幼稚園教諭の資格が必要になった場合には、再度学校に通わないといけなくなるケースも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です