保育士になるための学校には大学や短大がありますが、他にも、資格を取得することのできる専門学校というものもあります。専門学校には、より実践的なことを学べるということや、期間が比較的短いこと、そして幼稚園教諭の資格を取得できる場合もあるといった特徴があると言えるでしょう。費用に関しては、2年制の場合が200~250万円程度で、3年制の場合が350万円程度というのが相場になります。保育士の専門学校のメリットとしては、「卒業と同時に資格が得られる」ということや、「4年制大学と比べて短期間で資格が得られる」ということが挙げられます。

その他にも、「即戦力として役に立つ知識や技術が学べる」ということや、「4年制大学よりも学費が安い」ということが挙げられるでしょう。一方で、保育士の専門学校の注意点としては、比較的短期間に多くのことを学ばなければならないため「勉強が忙しい」ということが挙げられます。そして、保育の学習に特化しているため「保育以外の知識を学ぶことが難しい」ということも注意点として挙げられるでしょう。期間については、2年制と3年制がありますが、主流となっているのは2年制です。

2年制の場合はコースによって、幼稚園教諭の資格を取得できる場合と、出来ない場合があります。そして3年制は、幼稚園教諭の資格を取得できる場合がほとんどであり、じっくりと学びたいという場合や、より実践力をつけておきたいという場合に向いていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です